ケアワーカーになって約1ヶ月半の私が思うこと

tomozouです。

このブログ管理人である私は今年、

2020年の3月よりケアワーカー(CW)

要は、「介護職員」として働き始めました。

で、3月から約1ヶ月半が経過してみて今、

思う事を少し書いていこうと思います。

私の職場は、とあるリハビリテーション施設。

介護が必要な方々(利用者さん)が

リハビリなどをするために通う施設です。

始めに正直言うと、

「なんか精神的にキツイな〜・・・。」

「なんか嫌だなー」

ということ。

何が精神的にキツくて嫌なのか?と言うと、

特に、

[一緒に働いているスタッフたちの言葉と行動の矛盾]

なんですよね。

いつもアドバイスと言いつつも、

頭ごなしに注意してるように聞こえてくる。

利用者さんのために!

より良い時間を過ごせるように!

毎日気持ちよく楽しかったと帰宅して頂くために!

言葉、態度、身なりに気を遣い、

相手の気持ちに寄り添って!

というようなことを言っておきながら

実際には効率優先だったり、

単にクレームが怖いから、

問題が起きないように対応しているだけだったり・・・

表面的には良いこと言ってるようだけど

利用者さんたちのことを本当に思っての行動や発言なのだろうか?

と、疑問視してしまうことが多いんです。

私の勝手な思い違いだったら良いと思うんですけどね。

まあ、色々と疑問に思うことは

どんな仕事をしていてもよくあることでしょう。

でも、毎日納得いかないような、

この人たちについて行って良いのだろうか?

そんな思いを感じている私は甘ちゃんなのでしょうか。

これまで、社会人となって21年。

いくつかの業界で働いてきて

悔しい・・・

苦しい・・・・

辛い・・・・・・

それなりに多くの経験を積んできました。

それでも、この介護の仕事は何だかとってもキツイ。

このままこの仕事を続けられるのだろうか・・・・?

日々、利用者さんたちの笑顔には励まされつつも

そう思う今日この頃でした。

日本全国で働く多くの介護職員の方々は

自分の職場のことなど、

日々何をどう感じながら働いているのか

知りたいですね。

それではまた。

お読み頂きありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です