癌に侵され精巣を1つ摘出した、人生において不遇な友人のこと

精巣がんってご存知ですか?

私の幼なじみが、この精巣がんに侵されてしまい、

タマタマを一つ無くしました。

二つのうちの一つが悪性の腫瘍となってしまったからです。

手術イメージ

「がん」だと聞いた時、血の気が引いた

小学生の頃からの幼なじみである友人から

数年ぶりにメールが来たと思ったら、

「久しぶり。俺、がんを患ってしまって、病院に入院してるんだ。」

なんて内容が書かれていたんです。

一体何があったのか?

聞いてみると、もうすでに手術して『悪性腫瘍の金玉(精巣)』を

一つ摘出したところで・・・さらにリンパにも転移しているから、

抗がん剤治療を始めている・・・・ということなのでした。

点滴

まさか自分の友人にそんな大事が起きているなんて想定外。

私は、「大事なタマタマが一つ無くなるなんて考えられない!」

と思っているし、友人が受けた生々しい摘出手術の内容を聞いて

一気に血の気が引いてしまいました。

精巣がんの兆候はあった・・・・

実は、半年くらい前から片側のタマだけに違和感を感じていて、

少しづつ腫れてきていたそうなんです。

で、徐々に腫れがひどくなってきて痛みも伴ってきた・・・。

そこで、初めて泌尿器科専門の病院へ行ってみたと。

そこで下された診断結果は、

【精巣がんの可能性が非常に高い】

というものでした。

偶然にも、そのクリニックの院長は過去に大学病院で

がんセンター長として勤務していたこともある経験豊富な

医師だったので「対応が迅速で助かった」と友人は言っていました。

もう少し来るのが遅かったら、さらにがんが進行して

手遅れになっていたかもしれない・・・と言われたらしいです。

すぐに紹介状を渡されて、設備が整っている大学病院での

手術の手配も緊急的に行われたのだとか。

今は抗がん剤治療で髪の毛が・・・

抗がん剤の強い副作用で髪の毛がごそっと抜けてしまうというのは

あなたも聞いたことがあるかも知れません。

実際、多くの人はその通りに髪の毛が抜けまくるんです。

友人も例外なく、手ぐしをするだけで

「目が飛び出てしまいそうになるほど、大量の髪の毛が抜けた」と。

お見舞いに行った際、帽子をかぶったままそのことを話してくれました。

抗がん剤の治療は順調に進んでいるようで、

本人も元気そうにしていたので、私は内心ホッと胸をなでおろしましたね。

ただ、もし自分が彼の立場だったら・・・・ということを考えると

とてもつらくてつらくて毎日こっそり泣いているかもしれない、

そんなことを考えたりもしました。

自分の人生を、どう生きるか?

その友人は子供の頃から不遇な人生を送ってきました。

母親は彼が3歳の時に乳がんで亡くなり、

その後は育ての母親が面倒を見てくれるようになるわけですが

父親も病弱で、家庭環境は良くなかったんです。

彼と遊ぶ時はいつも外か他の家ばかりで、

一度も自宅に入れてくれることはありませんでした。

小学生だった当時、家の中は毎日ゴミだらけで

友達を招き入れられる状態ではなかったそうです。

兄と弟がいるものの、まともな教育を受けてこなかったらしく

警察のお世話になって刑務所に収監されたり、

他人に損害を与えたり大変な迷惑をかけたりするなど

めちゃくちゃな人生を歩んでいるのだとか・・・。

友人本人もそれまで様々なことがあり、

私も手に負えず数年間連絡を絶っていたわけです。

生い立ちや家庭環境のせいにするのは誰にでも簡単にできます。

実際にその影響は計り知れない部分は確かにあります。

しかし、彼の生き方は、私からすると

「いつも、楽な方向にばかり逃げ続けているだけ」

こういう人生になっていると思うんです。

なんとかしたい!変えたい!自分が望む人生にしたい!

こんな風に少しでも考える気持ちがあるのならば、

自分で人生の舵をとって進むべき道を模索するべきだと思うんです。

それをしなければ、いつまで経っても同じことの繰り返しになるだけ。

たくさんの後悔を抱えたままで歳をとり、死んでいくだけです。

それが嫌なら、行動を起こすしかないんです。

人に左右されずに生きていきたい。

自分の理想とする人生に少しでも近づけたい。

こう考えるならば、新しいことを始めるべきです。

新しいことを始めるのはとてもエネルギーが必要ですが、

必ず自分の人生に良い影響を与えることは間違いありません。

自分がやりたいことを始めるわけですからね。

生まれ変わりたいなら行動するしかない

「誰しも、人生をやり直したい・・・」

こう考えたこと、きっと一度くらいはあるはずですよね。

でも、考えてるだけでは何も変わりません。

希望するだけでも、望むだけでも、想うだけでも変わりません。

行動するしか道はないんです。

アクション!

友人には1日も早くがんを克服して、

これからは新しい自分に生まれ変わるような気持ちで

生きていって欲しいなと私は本気で思っています。

もしも彼が生まれ変わろうとするなら、全力で応援したい。

そう思っています。

あなたも、行動すればきっと生まれ変われます。

本当の「自分の人生」を歩むことができます。

誰にでもそのチャンスがあるのが、この日本なんです。

この国で生きている限りは、必ず希望が、チャンスがあります。

私にも、あなたにも公平に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>