夫婦が生涯に渡ってずっと仲良く暮らし、添い遂げる方法

tomozouです。

あなたはパートナーと仲良く暮らしていますか?

すでに結婚していて配偶者がいる方、

結婚してなくてもパートナーがいる方、

人それぞれ色々な関係があると思いますが、

その方と順調に人生を歩めているでしょうか・・・?

結婚していてもしてなくても、

ずっと一緒にいたいと思える人がそこにいるならば、

人生の最期を迎えるまで仲良く添い遂げたいな・・・

と、思いませんか?

・・・・。

そうは言っても、なんだかんだで付き合いが長くなってくると、

良いところも・気になるところも見えてくるもの。

初めは仲良くしててもいつの間にかケンカが多くなってたり。

お互いを知れば知るほどに空気のような存在になってきて。

それが心地良い時もあれば嫌な気分になる時もある。

これを読んでいるあなたにもそんな経験ありませんか?

わかっているつもりでもわかっていない

人は自分のことさえもよく理解していないのに、

自分と過ごす時間が長いパートナーに対してはその人のことを

よく理解しているつもりの人が多いです。

何年も付き合っているようなカップルでも、

相手のことをどれだけ知っているのか・・・・。

考えたことあるでしょうか。

私のことを話すと、妻と結婚して10年が経ちました。

結婚してからいずれ妻に贈りたいな〜と考えていたものがあります。

それは

【スイート10ダイヤモンド】

もう何年も前にテレビCMでよく流れていたからです。

これを見てから、結婚10年目の記念日に

「こういうの贈ったら妻は喜ぶかな〜?」

なーんて考えたりていましたよ。

ダイヤの結婚指輪

でも、私の妻は指輪とかにあまり興味がないようで。

ダイヤモンドなんかより、

「洋服を自分で選んで買う方がよっぽど嬉しくて楽しい」

とのこと。

女性はみんな指輪とか大好きなんだと思い込んでましたが、

そうでもないみたいですね。

妻とは15年の付き合いになるのに、

こんなこともわかってなかったわけです。

私が自分の家族のためになると思って起こした行動さえも、

妻にとってはただの自己満足にしか見えていない。

とかね・・・・。

やはり脳みその仕組みがそもそも違うからなのかも。

もちろんこれだけではなく、

考え方が食い違うことはたくさんあります。

相手のことを知らないでいる、というのは絶対に

あなたにもあなたの身近な人にも

言えるはずですよね。

ここから本題。

どうすれば、

生涯にわたってあなたが、あなたのパートナーと、

仲良く暮らし、死ぬ間際まで添い遂げることができるのか?

そのヒントを記します。

====================

一番身近な夫婦関係で起きている

問題を乗り越えていくほど

仕事も人間関係も人生も

自然に大きく変わっていく。

逆に

いつまでも先延ばしにして、放置していたり

問題の原因をすべて、相手のせいにしたり

相手の機嫌をとるだけの表面的なことばかりやっていたら

心のキョリは離れていき

テーマを乗り越えるハードルは

どんどん高くなっていく。

夫婦一緒に

テーマを乗り越えていくには

1.起きる問題の根源には

一緒に乗り越えるテーマが必ずある、と受け入れる。

2.相手の言葉をそのまま鵜呑みにするのではなく

その言葉が放たれた心をみる。

3.相手の本心・本音を理解しようと努力し

自分の本心・本音を正直に伝える。

4.認められない所を認め、許せない所を許す。

5.テーマを乗り越えて、いい男・いい女に成長していく。

男女の愛

======================

「夫婦」とありますが、別に夫婦でなくても同じです。

あなたの日々をいつも一緒に過ごしている相手ならOK。

上の言葉は、私が尊敬している小田真嘉さんという方の言葉です。

素直に上の文章を読んで、自分の行動を振り返ってみると、

「ハッ!」と気づくことがあるかもしれませんね。

ひとつひとつが重く大切なことだと思います。

心のある人同士だからこそ、

言葉で話し合って心を通じあわせていく。

私にとってはものすごく大事な教訓になっています。

上の文章を読んでみて、

あなたにも何か感じてもらえたら私も嬉しいです。

それではまた、tomozouでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>