毎日の仕事に関わる!フォローとアシストの違いは超デカイ

こんにちは、tomozouです。

今日もお疲れ様です。

多忙な現代人は安らぐ暇もありませんよね。

ですが人生に仕事は付き物。

誰しも働かずには生きていけません・・・。

そこで今回は、仕事(人生にも)における

「フォロー」と「アシスト」の違い について書きます。

早速、私が尊敬する小田真嘉さんの言葉を引用しちゃいます。

======================

仕事も人間関係も人生も

何(誰)かのフォローに追われている人と

何(誰)かのためにアシストできる人とでは

成果も、充実度も、成長度も

まったく違う。

そもそも

フォローとは

問題が起きたときの事後対応。

アシストとは

道を切りひらくための先手の攻め。

フォローに追われてばかりいたら

対応に忙殺されて

前向きに考えなくなっていき

次第に停滞していく。

アシストができるようになるには

・必要な関連情報を片っぱしから、丸暗記する。

・進む方向や目的をハッキリさせる。

・その中で自分のお役目を見出す。

・相手の長所が発揮される環境と条件を熟知する。

・どんなときに相手の短所が出てしまうのかを心得る。

・相手の好み、タブー、判断基準を知っておく。

そのうえで

・今、何が起きているのか?

・相手は、何を望んでいるのか?

・その望みの先にある

本人がまだ気づいていない潜在的な欲求は、何か?

・今、自分は何をするのが最善なのか?

を問いかけながら

熱心に働き

人と向き合い

今日を生きていく。

======================

簡単な言葉なようで、深みがあるな。

と、これを読んでみて感じました。

フォローは事後対応で、

アシストは先手を打つ対応。

言い方を変えれば、

フォローは人の尻拭い。

アシストは先を読んだ上での対応。

こんな感じでしょうか?

これまで仕事で何度も人のフォローをしてきた記憶があります。

また、人に上司や先輩にフォローしてもらったこと、何度もあります。

でも、アシストをしたことってどれくらいあるだろうか??

「・・・・・・・・・・・・・。」

「???」

なぜだか思い出せない。

アシストと言えることだってたくさんしてきたはずなのに。

よーく考えてみると、仕事に関してすぐに思い出せる記憶って

嫌なことばっかりなんですよね。

すんごい怒られたこととか、

辛かったこととか、

理不尽な思いをしたこととか・・・・。

怒る男

だから、思い通りに上手くいったことや充実してた時とか、

先を読んで行動してみて良い結果を導き出せた、

といったような気分の良い記憶がなかなか蘇ってこない。

普通の人はそんなものなのかもしれません。

一生懸命に働いていても報われずに毎日ストレスが溜まるばかり。

お客様に怒られ、上司に怒られ、同僚に笑われ、後輩に慕われない。

日々の仕事で胃に穴が空きそうな思いで働いている人もたくさんいるはず。

そんなんだからフォローした・されたコトばかりが思い出されて、

アシストしたコトなんて一向に思い出されない。

それは心に余裕が無いからなのでしょう。

私自身も心に余裕が無いからアシストの記憶を辿れない。

そういうことなんだと思います。

時代の流れが速く厳しい今を生きるサラリーマンやOLにとっては

自分のことを振り返る・ひとり落ち着いて様々なことの整理をする、

といった心の余裕さえあれば、

アシストがバンバンできる環境はきっとたくさんあるはず。

そう私は思います。

あなたはアシストした経験を思い出すことはできますか?

人生の上ではあっても、仕事の上ではどうでしょうか?

すぐには無理でも時間をかければ思い出せるかもしれません。

アシストした記憶を簡単にたくさん思い出せる人は、

あまりいないんじゃないかと私は考えています。

そういう人は仕事も人生も上手くいってるでしょうからね。

いつもフォローしたりされたりを繰り返している人は、

いつまで経ってもそのまま変わらない。

しかし、アシストができる人は現状をキチンと把握し、

過去を振り返りつつこれからの一歩先を考えられるわけです。

だから先を読んだ行動ができる。

できれば・・・・アシストできる人になりたいですよね!

私はフォローとアシストの『違い』なんて

これまで一度も考えた事なかったです。

こうして人の言葉で違いを説明されると

いかに自分の考え方が狭いかという事がよくわかります。

フォローとアシスト、似ているようだけど

とてつもなく大きな隔たりがあり大きな違いがある言葉だなと

改めて感じます。

後悔の無い人生を歩むには、

フォローは大事だけどアシストはもっともっと大事。

フォローはそれほど難しくはないけれど、

アシストはすごーく考えてないと簡単にはできないってこと。

でもアシストができるようになれば、

素晴らしい人生が目の前に開けてくるような気がする。

そんな風に感じた言葉でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

それではまた、tomozouでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>