自宅にいながら収入を得られるアフィリエイトで幸せに暮らす生活を

tomozouです。

たくさんのブログやサイトの中からこのブログを選んでくださいまして

ありがとうございます!

tomozouの似顔絵

私tomozouは、↑こんな顔してます。さわやか癒し系の顔?です。

子供の頃は近所のおばちゃんたちに好かれてました。

なぜかいつもニコニコしてたので勝手にかわいがられてたみたいです。

自分では全然意識してなかったんですけどねー。

あと、よく道を聞かれることがありましたね。

なんか話しかけやすい顔ってことなんでしょうか?そんな私です。

私、tomozouについて

たまたま「アフィリエイト」を知ることになってから
「専業主夫アフィリエイター」になるべく、人生の再出発を始めました。

収入が「ゼロ」という長い低迷期。

退職金とそれほど多くはない貯金を切り崩しながら生活。

寝不足になりながらも勉強と実践を続けていき・・・・

初成果となる、人生初めてのアフィリエイト報酬は32円。

これでもすんごく嬉しかったんですよ。

やったーーーーーーーー!!って心の中で叫び、ガッツポーズ。

こういう初心はいつになっても忘れてはいけませんよね。

でも、初報酬のその後は泣かず飛ばず。

一向に成果が上がる気配が無かったものの

「他人にできるなら自分にも絶対できる!」との思いと根性と努力を積み重ねていき

ほんの少しづつ、ものすご〜く緩くなだらかな坂道をゆっく〜りと

登っていくイメージで成果が上がっていきました。

それも簡単なものではありません。

長い時間と相当な労力をかけて 小石を一つづつ一つづつ積み上げて土台を作り、

その上にさらにまた細かく積み上げていくようなそれはそれは大変な苦労でした。

今でも努力はし続けていますし、今後も同様に努力は必要ですが。

それでも、会社の一員として働きに出るよりかは断然楽ですよ。

通勤や仕事内容や人間関係のストレスなどなど・・・・

アフィリエイト作業にはこんなの関係ないですからね。

パソコンとインターネット環境さえあれば誰にでも、いつでもできます

自宅で時間を気にせずやりたいだけできます。

副業としてやる人は多いですが、片手間でやって本当に成果を出せる人は

ほんの一握りの、スーパーな努力ができる人だけでしょう。

今では長く真っ暗なトンネルの脱出に成功し

月収20万円を得られるまでになりました。

妻はフルタイムの専門職に就いているため私が炊事・洗濯・娘達のお世話など

家事のほぼ全てをこなす毎日。

会社員としてのしがらみから解放され、

胃が痛くなるような無意味なストレスにさらされることなく

落ち着いて仕事と家事を両立して過ごせる充実した生活を送っています。

それなりに大変ではありますが・・・・。

でも私が自宅にいることで大切な家族と過ごせる時間はかなり増えました。

子育て世代にとって、妻や子供達との時間はかけがえのないものです。

仕事(アフィリエイト)についてはまだまだ修行が足りない面はありますが、

とっても充実していて幸せいっぱいです。

月収20万円を達成したといっても、何ら保証は無いので多少の不安はあります。

でも不安なんかより、将来への明るい希望の方が格段に大きく感じています。

会社員だったころには感じられなかった充実感と幸福感は良いものですよ〜。

さて、このブログは私自身が限りある人生を生きていく中で

絶対に「後悔」をしないようにするため作りました。

なぜ「後悔」をしないようになのか?

その理由は、今年2014年の3月からネットビジネス(アフィリエイト)で
生計を立てようと考え始め、実行に移したから。

そして何も成果があがらないうちに会社を退職することを決めたんです。

アフィリエイトに人生を賭けて生きていこうと決めたんです。

だから、絶対にサラリーマンには戻らない。

後戻りなんて絶対にしない。こう決めたからです。

後悔したらそこで終わり。

自分のやっていることを否定することになる。

大きな決意をして、やると決めたからには後悔しない。

自分が望む高いレベルまで成長して安定した大きな収入を得る。

これが目的なんです。

大切な家族と幸せに安心して暮らしていく。

限られた短い人生。

自分はいつ死ぬのか?なんて誰にもわかりません。

ちゃんと生まれることができずに亡くなってしまう

赤ちゃんはたくさんいます。

生まれてから10年も経たずに亡くなる子供もたくさんいます。

20年や30年で亡くなってしまう若者や子育て世代もいます。

40年や50年で亡くなってしまう子育て世代、

働き盛り世代もいます。

60年や70年、あるいは80年、90年生きる長寿の人。

中には100年以上生きる超長寿の人もいます。

人それぞれにいろんな人生があります。

人が死ぬまでに楽しいこと、うれしいこと、くやしいこと、

悲しいこと、つらいこと、腹が立つこと、後悔したこと、

幸せに感じたこと・・・などなど。

それぞれに数え切れないほどたくさんあることでしょう。

私もこれまでにたくさんの経験をして、たくさんの感情を

覚えてきました。

私は1978年生まれで今年36歳になりましたが、

正直なところ、あと何年生きられるかわかりません。

を満足のいくものにして幸せな気持ちで

生涯を終えたい・・・これが私の希望です。ています。

私はアフィリエイトについて右も左もわからない状態だったので

わらをもつかむ思いで「ルレア」という教材を購入しました。

(ルレアはアフィリエイト業界ではとても有名な教材。)

そのルレアを読み、ゼロからスタート。

仕事から帰ってきて、晩ごはんを食べたらすぐにパソコンの電源を入れて

作業を始める毎日。

疲れきっている体とまぶたが重く眠い目をこすりながらも

経験値ゼロの未知な領域のアフィリエイトを手探りで始めたわけです。

ひとつひとつコツコツと地道にこなしていく作業、大変です・・・・。

でも、決意した以上は満足がいくまで徹底的にやりきるだけ。

ひとつやるたびに無知の壁にぶちあたり、どうすればいいかわからず

投げ出しそうになりながらも自分で調べて学習し進めていきました。

ルレアは自分でブログを作ってそのブログでとある商品を紹介して

この紹介した記事を誰かが読んで興味を持ち、購入してくれたら

自分に対して報酬が発生するっていう仕組み。

その一ヶ月後の4月には会社を辞める決意を固め、退職願いを提出。

(アフィリエイトで何も成果が出て無い状態で!)

さらにその一ヶ月後の5月には溜まっていた有給休暇を全て使って

二ヶ月近く出勤しない日々を過ごしました。

会社員時代の方が良かったなあ〜とか、全然思いませんが、今後も
絶対にそう思わないように今までの苦労したこととかうれしかったこと、
脱サラして本当に良かったな〜と思えるように・振り返られるように、

そして

過去の私と同じようにもがき苦しみながら仕方なく安月給で雇われている
多くの方々の一筋の希望の光になれればと思い、書いています。

将来への不安

私はサラリーマンとして働き続けることにずうっっと不安を感じながら

生きてきました。

安定しているようで、安定していないサラリーマン。

毎日満員電車に揺られ、痴漢と間違われないように気をつけながら、

スリに遭わないように気をつけながら長い通勤を繰り返す日々。

長い通勤を終えて会社に出勤すれば、上司による

中間管理職への(理不尽極まりない)説教やら

お客様からのクレームの電話やら

自社の他拠点からの内線電話やら

朝から落ち着く暇もないようなオフィス環境。

お客様のところへ訪問しても褒められるようなことは

滅多に無く、いつも怒られる・呆れられる・嫌がられる

そんなことばかりでした。

真剣に、一生懸命に効率化・業務改善を図ろうとしても

抵抗勢力によって撃沈されるか自分の体力が持たずに

病院行きになるかどっちか。

たとえ自分の能力が高くて色んなことができようとも、

どんどん落ち込む会社の業績には良い影響を与えることなどできず

漫然と同じような毎日を繰り返すばかりでした。

いつまで経っても明るい兆しが見えない中で、

どうにかして将来への希望を見出さなければと常に考えていたんです。

上司や先輩たちの給料がどんどん減らされていくのを目の当たりにして

近いうちに自分の少ない給料にも影響するのは明白でした。

 線路 運命の分かれ道

このままではいけない。なんとかしなくては。

ずっとあった不安がさらに増大していったことで私はある行動に。

仕事帰りに本屋に寄り、起業関係の本を探すようになりました。

もう自然に自分の頭の中で会社を辞める道筋を作っていたんですよね。

「今すぐに何らかの行動をしなければ!」ということです。

まあ本を買って読んだからといってすぐに何かが

変わるわけではありませんが、今までの自分に無い情報を

仕入れるためにやったこと。

新鮮な情報が欲しかったんですよね。

インターネットでいろいろと適当に検索してみても

いまいちピンとくるものが出てこなかったので

初めはやっぱり本から知識を得ようと、いうことです。

そんな中で一冊の本に出会い、価値観が変わったんです。

その本とは、

「金持ち父さん、貧乏父さん」です。

ベストセラーで超有名なので知ってる方は多いでしょう。

何年も前にテレビなどで紹介されていたので本の存在は知ってましたが、

それまで読んだことはなかったんですよね。

もしも、この紹介されてた頃に読んでいたら今頃は全然違う人生になっていたかも。

それくらい大きな衝撃を受けた本です。

この本に出会わなかったらネットビジネスをやろうということは

全く考えなかったんじゃないかと思います。

この本のおかげで私の(部分的な)価値観は変わりました。

多くの人が「お金」に対する価値観をいかに間違ってとらえているか、

ということ。

また、

多くの人が「自分で自分のビジネスをする」ということに対して

すごく高い壁(抵抗感)を感じているが、実際は壁など無いに等しい

ということ。

これらがわかるようになれたんです。

私が長いこと悩みながらも15年間勤め続けた会社の退職を決意できたのも、

もしかするとこの本が最後の後押しをしてくれたのかもしれません。

転職などという選択はせずに・・・・専業主夫へジョブチェンジ。

ゲームのドラクエやファイナルファンタジーなみにコロコロと転職するつもりなど

毛頭ないので専業主夫を選びました。

私の人生における主人公は、他の誰でもなく私自身。

人生は選択の連続。

他人が選ぶ(決める)のではなく、自分で全てを選ばなくてはならないんです。

誰の人生にも、必ず「選択の自由」とそれに付随する「責任」があるんです。

自由がある、ということはそれなりに責任が伴うということ。

会社に雇われるだけの人生は 人生の大切な時間を奪われ続けます。

自分の時間と家族との時間が限定され、仕事場も限定され、休日も限定され、

働く時間も限定され、仕事内容も限定され、面倒な人間関係も強制され、

収入額も限定され、住む場所さえも限定されてしまいます。

ありとあらゆる面で自分の自由を失うことになるんです。

私は15年間そうして生きてきました。

15年間を会社に捧げてきたんです。でももうそんなことはヤメ。

搾取され続ける人生なんてまっぴら。

自分で自分の人生を切り開いて行くと決めたんです。

私は、今は専業主夫でも将来の目標は「起業すること」。

起業こそ、自分の頭の中で思い描いている人生を

現実のモノにできる唯一の方法だと思っています。

一生雇われ人生のままでは、夢は夢のままで終わってしまいます。

夢を夢で終わらせない!

その強い意志が自分を強く成長させてくれます。

強い意志さえあれば、なんでもできます。

「生きてりゃ、人生丸儲け」なんて言葉がありますが

これは自分で生きる力を持っている人が言える言葉です。

何か叶えたいことや小さな夢・大きな夢をもしもひとつでも持っているならば

一歩踏み出してみるべきです。

踏み出しましょう。

ちょこっと勇気を出して あと一歩!

きっと素晴らしく充実した幸せな人生になるはずですよ。

私と同じように将来への不安を感じながらも

何もできず真面目にコツコツと働く日々を過ごしている多くの人々には

ぜひたくさんの自由を手にして欲しいです。私のように。

このブログがあなたの人生で何らかのヒント(参考)になればうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>