初めてiMac購入!でも「起動音」がやたらとうるさいので対策を実行

tomozouです。

最近、iMacを買っちゃいました。

Apple製のパソコンは初めて。すんごい楽しみにしてましたよ〜ワクワク!

Appleストアで注文してから届くまで5日間。

ヤマト運輸で中国から発送されてくるのがメールと注文履歴から確認できたので

とても安心できる買い物でした。というのは、

今回は私本人が受け取りましたが商品引き渡し 後にもメールがくるんですね〜!びっくり。

本人の外出中に家族が受け取ったりしても、登録してるアドレスに「商品お届け済みメール」が届くので

自宅にちゃんと配達されたことがわかるようになってるんです。すごい管理体制ですよね。

私が購入したiMac 21.5インチの最上級モデル。↓

パフォーマンスを引き上げるためにメモリを最大の16GBへ、HDDはフュージョンストレージへ変更。

mac画面

見た目の洗練された感じがすごく素敵なMac。ここに惹かれたわけですが、

ひとつ残念なことが・・・。

それは、

まずは箱から出して、美しさにみとれながらセッティング開始。

簡単に設置が終わって、初めて電源を入れた時、

体が「ビクッ」とするくらいの起動音がしたんです。

言葉でなんて表現すればいいのかわからないような音。

人によっては「ジャーン!」って言うようですが私は違うかな〜。

この起動音、Macユーザーにはおなじみの起動音なんでしょうね。でも私には初めてのこと。

Windowsの起動音の方が遥かに良い音ですよ。

Macの起動音は私にとっては邪魔な音でしかないです・・・。

使い初めなので色々設定したりして何度か終了/起動をさせていると・・・気になる。

音量を落としていても気になる・・・。

ヘッドフォンを差してても気になる・・・。(スピーカーから起動音が出る為)

・・・毎回スリープ状態で終わらせていればいいんでしょうけどね。

でも、時々は再起動やシャットダウンしないといけないし。

ということでこの邪魔な起動音を消す方法は無いものか?とネットで検索。

・・・ありました。

他にも困ってる人がいたんですね!やっぱり。

なにやらアプリを使う方法やターミナル(脳みそ?)に直接コマンド入力してあげる方法など

いくつかあるようです。

私がやってみたのは脳みそに直接コマンド入力してあげる方法!

たぶんこれが一番確実だろう・・・・・・・ということで。

その方法は・・・

ファインダー↓ をクリック。

ファインダーのアイコン   

アプリケーション↓ をクリック。

ファインダー選択表示

ユーティリティ↓ をクリック。

ユーティリティフォルダ画像

ターミナル↓ をクリック。

ターミナルアイコン

するとこんな感じの画面↓ になります。

ターミナル画面

黒く塗りつぶしてるところにはログインユーザー名が入ってます。

この画面のまま、

「 sudo nvram SystemAudioVolume=%80 」を入力もしくはコピペする。

するとすぐに

「 password:* 」と表示されるので、あなたのログインパスワードを入力します。

そして最後にPCを再起動。

これで終了です。

私の一発で終わりました。

(何の音もせず静かに立ち上がってくれました〜!)

これで気兼ねなく集中して仕事ができるってもんです。

ちなみに元に戻す場合は

「sudo nvram -d SystemAudioVolume 」と入力すればOKです。

今回はMacに関して何の知識もなかったのでこちらのサイトを参考にさせて頂きました。

(参考:MACとPCのあれやこれや日記)

最後までお読みいただきありがとうございます。

tomozouでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. kumao より:

    アプリなしで起動音を消す方法を探していました
    すばらしいです
    ありがとうございました

    • tomozou01 より:

      もう半年ほど前のコメントなのに今更ですが、
      コメントありがとうございます!
      ただ、OSのバージョンアップをすると元に戻ってしまうということを
      最近になって気付きました・・・。

tomozou01 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>