物凄く大きな可能性を感じた『アフィリエイト』という生きる手段

どうも、tomozouです。

「アフィリエイト」「ネットビジネス」と聞くと怪しい商売なんじゃないか?

詐欺やマルチ商法と同じじゃないか?

なんて思う方はすごく多いかもしれません。

確かに怪しい手法とか詐欺的なことをやっている人たちは

いっぱいいます。

しかし、そんな怪しく見えるネットビジネスの世界でも

真面目に真剣に人の役に立つビジネスを展開している人たちはいます。

そんな人たちのサイトを見ていて心を動かされる人は多いはず。

私は、「さいぞうさん」のブログサイトを見て以来、色々と調べてみたんです。

ネットビジネスとはどんな世界なのか?

アフィリエイトとは何なのか?

本当に収入を得ることができるのか?

どんな先人たちがいて、今はどんな人たちが実践しているのか?

どれくらい稼ぐことができるのか?

どれくらいの作業量で期間がかかるのか?

などなど・・・・。

ちょっと調べただけでも

ネットビジネスの分野のひとつにすぎないアフィリエイトだけで

ものすごい数のサイトがあってアフィリエイトにも色んな分野があること。

全く稼げない!とかお小遣い程度は稼げる!とか永遠の不労所得を得られる!とか

色んなことをうたってるんですよね。人によってバラバラ。

たいていはすぐに!簡単に!誰でも稼げる!なんて言っている。

本当か?

本当なのか??

どの情報が正しくてどれが嘘なんだ?

・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・。

もう色んな言葉で検索しては

見た目で信用できそうなサイトを見つけて記事を読んでみて・・・。

を、繰り返しているうちにだんだんと確信がわいてきました。

かいつまんで言うと、

簡単には成果は上がらないが、コツコツと作業を続けていけば

最短3ヵ月~程度で成果が出てきて

さらにステップアップしていけば普通のサラリーマンの月収と同程度に。

そしてもっと幅を広げて一定の投資をしていけば

月収100万円か、それ以上も決して夢ではない。

そして、自動的に収入を得られる仕組みを作り上げることも可能。

幸せな夕暮れ

努力が実れば、将来的には完全な自由を手に入れられる・・・。

と、上手くいけば、こんな具合になれる可能性がある

うまい話には裏があるとか、よく言いますが

「これはあながち嘘ではなさそうだな・・・・。」

体験談など実践している人々の情報をもとに、

こうポジティブに考えるようになりました。

嘘っぽい情報と真実味のある情報は

よ〜〜〜〜〜く、くまなくその情報を見て行くときちんと判別できます。

このアフィリエイトの情報は嘘では無さそうだ、と。

決して簡単にはいかないだろうけど、

チャレンジしてみる価値は十分にありそう。

と、こう思えたわけです。

今まで生きてきて、楽しい!と思えることといえば、

小学生のころのサッカーに始まり

今は週末のフットサルと魚釣り・プレステなどのゲーム。

私は結婚していて子供がふたりいるので、もちろん家族といる時間も

楽しくて幸せです。

でも、ずーっと何年も

「自分が本当にやりたい仕事」

が何なのかわからないまま過ごしてきたんです。

もし、自分が転職すれば今の生活はできなくなるし、

住む場所も変えなくてはならない。

もし、自分が思い切ったことをすれば、家族みんなが

突然、路頭に迷うことになるかもしれない。

でも・・・・。

人生は一度だけ。やり直しはきかない。

今のままでは自分の人生が

会社に支配されたつまらないもので終わってしまうことが

目に見えている。

「本当にこのままでいいのか?」

「本当にこれでいいのか?」 

「アフィリエイト」という言葉を知ってから

その世界の入り口を見つけた時、私は心の中で

「これだ!自分がずっと探し求めていたものはこれなんだ!」

こう本気で思えたんです。

ダラダラと好きでもない仕事をずっと続けてきた私にとっては、

長い長い出口の見えないトンネルを歩きつづけてきて、疲れ果て立ち止まりそうになっていた時

ついに明るくまぶしい太陽の光が差し込んでいるトンネルの出口が小さく見えたように

感じたんですよね。

そして決めました。

やろう。

やってみよう。

スタート

今からアフィリエイトを始めて、

絶対に大きな成果を上げて絶対に家族を幸せにしてやるんだ!!

自分の心に誓いました。

この時から私の孤独な挑戦は始まったのです。

お読みいただきありがとうございました。

tomozouでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>